妊娠前の体重になるまでの道のり

妊娠前は身長161㎝。体重61.4キロ。体脂肪35.2%のぼっちゃり体型でした。 そのぽっちゃり体型を何とかしたいと思い、ダイエットしたことはあります。 試したことがあるダイエット法は10種類以上。 ただ、その中で試してよかったと思えるダイエットは1つもなし。 なかなか効果のあるダイエットを見つけるのは難しいですね。

さて、妊娠してからは順調に体重も増えて、出産直後の体重は72.6キロ。 妊娠中に約10キロ体重が増加したことになります。

もちろん、妊娠中は大切な赤ちゃんを守るため、体重の増加は必要です。 でもたった1キロの増加で一喜一憂していた乙女な頃を考えると、10キロも体重が増えてしまうなんて、恐怖ですよね。

産後一番気になることと言えば「妊娠中に増えた体重は出産後、元に戻るのかしら?」ということ。 出産後、何もしなくても体重が戻る人もいるでしょうが、私は元々ぽっちゃり体型だったので、産後ダイエットをしないとヤバイと感じていました。

ただ、産後すぐに運動をしてしまうと、更年期の症状がでたり、、出血が止まらなかったりすることもあるとか・・・。 産後は赤ちゃんの世話で休みはないので、自分の体を壊してしまうようなダイエットはできません。

だけど、「やっぱり痩せたい」それが乙女心。 まずは、周りの出産体験のなる友達に聞いてみることにしました。 すると、『「骨盤ベルト」で骨盤をしっかり締めておくと、体型が戻りやすくなる』というのを聞いて早速、骨盤ベルトを使ってみることにしました。

私が使った骨盤ベルトはマジックテープで骨盤周辺の締め付けを調整できるタイプのものです。

ちなみに、ちょっとしか使わないので骨盤ベルトを購入しようか迷っている人は、妊娠中に使っていた腹帯でもいいです。ウエストの下あたりをるぐるぐに巻けばいいです。

その骨盤ベルトを付けて1ヶ月。体重は、72.6から64.2キロ(-8.4キロ)まで減りました。 ただ、ここから体重がなかなか減りません。 ということで骨盤矯正以外のダイエットを決意。

今回の産後ダイエットの目標は妊娠前の61.4キロではなく、身長161㎝でぽっちゃりには見えない56キロにしました。 従って、56キロまであと8.2キロ痩せる必要があります。 さて、ここからどんなダイエットをすれば8.2キロ痩せられるのか?

まずは運動・・・。 授乳中は赤ちゃんの世話でダイエットのための運動時間を確保するのは困難。 ゆっくり運動なんてしていられません。 そのため運動は断念。

また、母乳のことを考えたら極端な食事制限ダイエットもできません。 そこで、出産経験のある女性にいろいろ聞いた結果、産後16キロ痩せた女性の話を聞くことができました。 その女性は1年前に出産を経験しているのですが、現在、モデルのような体型。 出産したとは思えないほどスリムでした。

早速、どんな産後ダイエットをしたのかを聞いてみると・・・

「腹九分目・毎食、主食はおにぎり(パン・麺類は食べない)で栄養のバランスを考えたおかず2品」

これで、産後16キロ痩せたそうです。 16キロと聞いたときは、もっとすごい産後ダイエットをしていたのかと思ったのですが、ちょっと食事に気を付けるだけでこんなにも痩せることができるなんてびっくり。

具体的には・・・

朝食はおにぎり半分と具だくさんの味噌汁。
昼もおにぎり半分と好きなおかず2品
(私の場合は以下で紹介している「わんまいる(宅配の冷凍おかず)」を利用しました)
夜はおにぎり半分と好きなおかず2品

まず、腹九分目にするために毎食の主食を減らして調節したとのこと 具体的にはおにぎりを半分にするだけ。

また温かいごはんではなくおにぎりにしたのにも理由があるとのこと。

ここ最近、一番注目されているダイエットといえば糖質制限ダイエットがあります。 糖質(ごはんや麺類などの炭水化物など)は血糖値を急上昇させてしまう働きがあります。 血糖値が急上昇すると、体内に脂肪を溜めようとするため太りやすくなるのです。 というわけなので、「太る原因になる糖質を制限すれば痩せられますよ」というのが糖質制限ダイエットなのです。

ただ、産後ママには糖質制限ダイエットのような偏った食事で痩せる方法はおすすめしません。 例えば、糖質制限でごはんを食べないと母乳が出が悪くなったり、便秘になったりすることもあるので注意してください。

実は糖質制限をしなくても血糖値の急上昇を抑える方法があるとのこと それが、おにぎりのような冷えたごはんを食べるというもの。 冷えたごはんならごはんに含まれているでんぷんが体内に吸収されにくくなり、血糖値が急上昇するのを抑えてくれるそうです。

つまり、毎食の主食をおにぎりにすると自然に痩せられるということです。。

それでは早速トライ!

朝食の味噌汁の具は、その日の冷蔵庫にある野菜を3種類選び、そして、豚肉と豆腐にしていました。(朝食は170kcal)

昼食は私一人なので「わんまいる(宅配の冷凍おかず)」を利用することにしました。 実は今まで家事や育児で忙しいので、昼食は夕食の残りかカップラーメンで済ませていました。

育児をしながら毎食料理を作るのは無理。

なので旦那を説得して昼食に「わんまいる」を利用させてもらえるようにお願いしてみました。 ただ、「わんまいる」の値段がネックとなり、旦那は「わんまいる」の利用にいい顔をしませんでしたが、粘り強く説得したら(「このままデブの私でもいいの?」と連呼していただけですが・・・)、OKしてくれました。(昼食は500kcal)

ちなみに、私が利用したわんまいるは1食に付きおかず3品で400kcal、塩分3.5g以内で作られています。 調理は湯せんか冷水解凍するだけ。1食分(3品)は10分以内に出来上がります。 味は素材にしっかり味が染みており、冷凍おかずとは思えないほどおいしいです。

わんまいる 献立その1

↓↓ 解凍後 ↓↓

わんまいる 献立その2

↓↓ 解凍後 ↓↓

昼食をわんまいるにしたことでストレスを溜めることなく産後ダイエットができました。

\ 産後は低カロリーの食事を心がければ無理なく痩せられますよ /

わんまいる

↑ お試しセット(5食)の申込みページへ ↑

夕食のおかず2品は30分程度で作れるものにしていました。 具体的には、カレー、シチュー、ポトフ、鍋、野菜スープ、具だくさんオムレツ(具はウインナー、玉ねぎ、ツナ、チーズ、納豆などその日の冷蔵庫にあるもの)、おひたし、焼き魚、野菜炒め、などです。(夕食は800kcal)

朝食・昼食・夕食で合計1500kcal。

さて結果はどうなのか? 体重の推移は以下の通りです。 ほぼ産後8ヶ月で目標の56キロになることができました。 産後太りだけでなく、妊娠前のぽっちゃり体型までも解消できて、ほんとよかったです。 今回の産後ダイエットで無理なダイエットをしなくてもしっかり痩せることができるということがわかりました。

\ 育児中、カロリーを考えた食事が作れないなら「わんまいる」は産後ダイエットの強い味方になってくれますよ /

わんまいる

↑ お試しセット(5食)の申込みページへ ↑

産後の部分痩せ(ウエスト・二の腕・太もも)

上記で私が実践した産後太り解消法(骨盤ベルト、低カロリー食事)をご紹介しましたが、体重が妊娠前の体重に戻ってても、「ウエスト・二の腕・太ももが気になる」というママさんもいるでしょう。 尚、ウエスト・二の腕・太ももなどの部分痩せには食事だけでなくエクササイズもする必要があります。

ただ、産後は育児でゆっくりエクササイズしている暇はないでしょう。 そこで、私が2歳の娘の育児をしながら実践しているエクササイズをご紹介します。 どれも簡単で効果も比較的早く出るエクササイズので、是非実践してみてください。

産後からウエストにくびれを作るエクササイズ

ウエストにくびれを作りたいならバランスボールが一番よかったです。 バランスボールというと「バランスが取れるか心配」とお思いのママさんもいると思いますが、1週間程度で慣れます。

まず、最初はバランスボールに載って近くにあるものを取る練習(バランスボールに載ってテレビを見ている途中に床に置いているスマホを取るなど)をしましょう。 最初は、ちょっと遠くのものを取ろうと手を伸ばしただけで、バランスをくずして転倒することもありますが、慣れてくるとバランス力がどんどん身についていきます。

バランスボールに乗りながらものを取ることができるようになったら、足を浮かせて坐骨を左右に動かしてバランスを取る練習をしてください。 これができるようになるとウエストに筋肉が付いているのを実感できるはずです。

しかも、バランスボールを使うと体の中心のインナーマッスルを鍛えることができるので、姿勢を崩さずに椅子に座ることができるようになります。 そうするとウエストの横の肉がすっきりして女性らしいくびれができてきます。

さらに、両足を閉じて坐骨を左右に動かしてバランスが取れるようになると下腹のぽっこりがペタンコになってきます。 私の場合、20日程度でデニムが1サイズダウンしました。 バランスボールのエクササイズは他のエクササイズのように力を入れる必要がなく、バランスを取るだけなので体力に自信がないママさんでも続けやすいです。 また、旦那のメタボ対策にもバランスボールは利用できるので、バランスボールは1つ用意しておくといいです。

産後から二の腕を細くするエクササイズ

二の腕を細くしたいならダンベルがいいです。 ダンベルといっても様々ありますが、ダンベルの中に水を入れて使うものなら両方で1㎏程度の重さでOK。

まず、両足を肩幅に広げて立ち、両手にダンベルを持ちます。 このとき両手は伸ばして腰に付けておきます。 そして、両手を交互に前後に振ります(1分)。 次に両手を90°に曲げてから前後に振ります(1分)。

ここで一番最初の状態に戻します(両足を肩幅に広げて立ち、両手は腰の横に付ける)。 そして、左に腰だけをねじり、顔は後ろを見るようにしてから、そのままの状態を15秒キープします。このとき、ダンベルをギュッと握るようにしてください。 右も同様に行います。

私はこのダンベルのエクササイズを1ヶ月ほど行ったら夏にノースリーブを着ても恥ずかしくないくらい二の腕が引き締まりました。

尚、ダンベルで太ももも引き締めることもできます。 太ももも引き締めたいなら、上のダンベルのエクササイズをした後に以下のエクササイズもしてください。

左足を前に出して膝を少し曲げ、体重を左足に乗せます。 この状態で両手を前後に振ります(1分)。 今度は右足を前に出して、上記と同様に行います(1分)。

このダンベルのエクササイズならテレビを見ながら、料理を作っている合間にできます。 また、バランスボールと同じで運動が苦手なママさんでもスムーズに実践できます。

産後から太ももを細くするエクササイズ

太ももを細くしたいなら上記で紹介したダンベルかリンパマッサージがいいです。 ただ、「リンパマッサージは難しい」とお思いのママさんもいると思いますが、ここでは簡単にできて効果があるリンパマッサージをご紹介します。

まず、リンパが多く集まっている足の付け根、膝の裏、足首を摩擦で温めるようなイメージでさすります(「足の付け根⇒膝の裏⇒足首」の順番でさするようにしてください)。 次に、左足の付け根を両手で軽くつかみ、その両手(足をつかんだまま)を足首に向かってゆっくり移動させます。 右足も同様に行います。

これを1セットとして1日5セット行います。 このリンパマッサージを続けることで体の下水道と言われている「リンパ管」に溜まった汚れが流れていき、血流がよくなり、太もものむくみがスッキリしてきます。

私の場合、1ヶ月程度で両方の太ももが合計3.6cmも細くなっただけでなく、顔色もよくなり目の下のクマが薄くなりうれしい変化がありました。

このページの先頭へ